ブラジルの笑い話 その42 応急手当

小学2年生のクラスで応急手当について勉強した。

先生が尋ねた。「弟か妹が家の鍵を呑み込んだら、どうしますか?」

生徒達が考え込んでいると、一番後ろに座っている男の子が答えた。

「先生、僕だったら窓から入ります!」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック