ブラジルの笑い話 その49  リオの海岸

ブラジル人とアルゼンチン人がリオの海岸を散歩しているとき、魔法のランプにつまずき、アラジンが現れて1つづつ願い事を叶えてあげようと言った。

まず初めにアルゼンチン人は、「アルゼンチンの国土の周りに、能力が我々の足元にも及ばないブラジル人、チリ人やパラグアイ人などが入らないように、大きな壁を築いてほしい」と頼んだ。
アラジンは「お安い御用だ。アリ一匹通さない壁で、高さがアルゼンチンで最も高いビルよりも高い壁を築いた」と返事した。

次にブラジル人の願い事を聞いた。
ブラジル人は「アラジン、私の願いはたった一つ、そこに溢れる程の海水を注いで下さい」と頼んだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック