ブラジルの笑い話 その50 貧しいハエ

貧しい東北地方から親戚を頼ってサンパウロに出てきたセバスチアンはパン屋のウエイターの見習いになった。

ビールを飲んでいた客は「ウエイター、コップにハエが入っているぞ」

セバスチアンはコップのハエを見て、「お客さん、ご心配なく。このハエは余り飲みませんから」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック