ネットで拾った秘境部族の老人のジョーク

あるTV番組の取材班は、

秘境の部族の生活をドキュメンタリー番組に撮ることとなった。


「明日の外の収録は無理かな。この分だと雨のようだ」

どす黒くたち込めた雲を見てディレクターがつぶやくと、

側にいた部族の老人が、ぼそっと言った。


「明日は晴れじゃ...」


翌日は、抜けるような晴天だった。

取材班は、その日一日カメラを回すことができた。


「よし。今日はいい番組が撮れた。

 明日も晴れそうだし、みんな、頑張ってくれよ」


ディレクターが、美しい夕焼けを見上げながらそう言うと、

またまた、老人がぼそっと言ったのである。

「明日は嵐じゃ...」

そして、その通りとなった。次の日は、強い嵐であった。


その夜、取材班は話し合った。

「やはり、大自然に生きる人間には、

 当たり前のように天気を知る力が備わっているんだろうな」

「我々、文明人が、いつしか無くしてしまった能力なのでしょうか...」



取材班は、老人のボロ小屋を訪ねることにした。

老人の粗末な小屋の壁には、何か分からぬ獣の頭蓋骨がいくつも飾ってあった。


ディレクターは、おそるおそる聞いた。

「ご老人、明日の天気はどうでしょうか?」


老人は黙って首を振った。

「どうして、今日は教えてくれないんです?」


老人は、目ヤニの奥に黒く鋭く輝く瞳で、取材班をじっと見据えて、

ぼそっと言った。


「今朝ラジオが壊れたんじゃ・・・」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック