中国編9 胡同(フートン)探索その1

 頣和園から北京の中心部に入った。
 僕らは、北京の昔ながらの街、胡同(フートン)を見学する。

イメージ 1
 
 オレンジ色の四角で囲った部分が紫禁城(故宮)。

 その上の南から北西へ向かう矢印の道を通り、僕らは胡同(フートン)を見学した。

 この辺りは什刹海(西海、後海、前海の3つの湖を総称してこういう)といい、観光客向け「人力車で行く胡同めぐり」ツアーがあって、最近一番の観光スポットになっている。

 
胡同とは中国の昔ながらの家々が並ぶ、言わば横丁や路地裏の事。

イメージ 2

 写真屋の豹さんがこの辺りの三輪自転車のタクシーの方々とうち合わせ。

 値段の交渉ですが、1人50元のところを1人10元まで下げてくれた。
 金妙珍と豹さんの力だよ。(1人だと150元は取られるらしい。)
 ちなみに、1元は約14円です。

イメージ 3


 この辺りを仕切る三輪自転車タクシー会社の自転車群。
 勢揃いすると、こんなすごい風景となる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック