松前街道をゆく(2014年の旅) その3 霧と雲の絶景街道をゆく

 平成26623日、午前3時くらいに目覚め、それから北海道着岸の準備をした。

自動販売機のモーニングコーヒーは1300円、それを美味しくいただいた。



イメージ 1

 今日の日程はこうなっており、まず函館を目指す。

イメージ 2

 函館までの経路だが、ほぼ函館本線に沿って、黄線上を余市倶知安蘭越長万部と進んで行く。

 長万部が小樽・函館間のほぼ中間地点となる。

 着岸後10分程度で北海道に上陸、新日本海フェリーターミナルで経路確認後、まず余市に向けて出発した。

 レガシーは快調に北の大地を進んで行くが、早朝のせいか霧が濃く、絶景街道のはずの倶知安からニセコの間は、周囲の景色がほとんで見れなかった。

イメージ 3

 倶知安を遠く過ぎ、蘭越までもうすぐというところで車を留めた。

 ここで飲料水を買い、トイレ休憩も取った。

イメージ 4

 再び車をスタートさせしばらく行くと、雲の切れ間から100名山のような山が見えた。

 山の方向から、どうやらこの山は後方羊蹄山(しりべしやま)のようであるが、後方羊蹄山なら間違いなく深田久弥の日本100名山の一つである。

イメージ 5

 山頂部分をアップにし、じっくりと1898mの絶景を味わった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック