2018年 朳差岳を見ながら釣る その3 吹ノ沢川を釣り歩く

ここをやめ、吹ノ沢川を上流に向かって歩いていく。
イメージ 1
 こんな小川だが、小さな淵や堰堤が随所にあり、半日くらいは気楽に楽しめる。
イメージ 2
 勢いのある流れが注いでいるこの淵にも、エサを流してみた。
 最初の1回で山女が出た。
イメージ 3
 ここにも山女はしっかり生息していて、またも二年魚と思われる15cmの山女が釣れた。
イメージ 4
 この黄↓の場所にも何回かエサを流して、可愛い山女が出た。
イメージ 5
 この山女は15cmにも満たないサイズで、もちろん今までの山女と同様に即リリースである。
 彼らの平均寿命は2~3年ということなので、食べる気がなければ短い生命なので放流と決めている。(岩魚の平均寿命は5~6年程度)
 1時間ほど歩いて5~6匹の山女をゲットした。
 それから再び吹ノ沢川の河口部に戻った。
 向こうに見える赤い橋は荒川に架かる小見橋で、ここが吹ノ沢川の最下流の淵である。
イメージ 6
 最後にこの黄↓部分で、15cmサイズの写真の山女を釣った。
イメージ 7
この場所からも、残雪の朳差岳が鮮やかに見える。
よく見ると、この写真の手前には、広く川辺に自生し春を象徴するねこやなぎの花穂が1本写っている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック