木曽川への旅(2008年) その28 木曽川文庫に到着

2008年9月13日(土)の日程である。

画像5



木曽路の旅を終え、今日は木曽川河口を目指すが、その前に木曽川文庫に立ち寄る。
画像1
上の名古屋周辺地図で説明すると、右上の赤四角が妻籠宿、左下の黄丸印が木曽川文庫の位置である。

妻籠宿を出て、中津川インターから中央自動車道に乗り、小牧ジャンクションで名神高速道路に乗り換え、岐阜羽島インターで高速を降りた。
画像2

ここまでで2時間程かかったが、高速を降りてからが大変で、祖父江町あたりで何回も方向がわからなくなり、その上ナビの調子も良くなく、最後には木曽川沿いを感で下って車を進めた。

 木曽川文庫についたのは11時過ぎとなっていた。(それでも当初の到着予定時間の12時より1時間も早かった。)

画像3
この木曽川文庫は、木曽三川(揖斐川、長良川、木曽川)に関する各分野の図書・研究論文等の収集保存を図り、先人の偉業を顕彰し、併せて今日的な治水のあり方を学ぶ場とし広く一般の方や研究者の方々にご利用いただくようにという趣旨で、昭和62年10月8日に開設された。

画像4

さっそく木曽川文庫に入った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック