津軽街道をゆく(2013年の旅) その32  眺瞰台展望台で竜飛岬を遠望

 小泊を離れて、龍飛岬へ向かって車を北上させているが、道の駅「こどまり」で昼食タイムとした。

イメージ 1

  何を食べるかいろいろ迷ったが、夕食は旅館でご馳走となるので、昼は軽めにすまそうと、600円のカレーを食べた。

 カレーを食べ終えるとすぐに出発、道は海岸から山道となり、右に左にハンドルを切る作業が忙しくなってくる。

 この道は竜泊ラインという名前がついていて風景も美しいのだが、ハンドル操作に見とれていると事故りそうなので、意識して慎重運転を心がけた。


イメージ 2

  竜泊ラインの中程の眺瞰台という展望台に車を停車させ、登ってきた方向を振り返ると、こんな絶景が広がっている。

海の向こうに突き出ている半島の先端が小泊岬である。


イメージ 3

 駐車場から眺瞰台展望台までは117団の階段を上がのだが、息を切らせることも無く、一気に展望台まで駆け上がった。

イメージ 4

 この展望台からは竜飛崎全体を360度で眺めることが出来、これから進む方向には竜飛岬津軽海峡北海道が連なる。

よく見ると、龍飛岬灯台の白い建物が半島先端部にあることが確認できる。

イメージ 5

 走ってきた方向を再度見ると、先ほど見たより更に一段スケールの大きな絶景が広がっていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック