耽羅紀行(済州島の旅) その32 柱状節理帯を見学

 大浦海岸は雄大である。

イメージ 1

 僕等ツアー客はヤンガイドに遅れないようについて行きながら、記念写真の撮影に夢中である。

イメージ 2

 ヤンガイドはこの場で柱状節理帯の説明をしていく。

 この海岸に溶岩が流れ込み、そして冷却されて柱状に形作られ、やがて溶岩石群は風化によって原型を変えていく。 

イメージ 3

 ヤンガイドの説明をより具体化したのがこの写真で、最奥の柱状節理が一番新しいもので、一番手前が一番風化が進んでいる古いものとなる。

イメージ 4

 柱状節理が一番綺麗に出来ているのが、この真ん中。

 自然が造ったものとはとても思えない、実に綺麗な造形物である。

イメージ 5

 逆光になっている西の方向にも柱状節理が出来ている。

 柱状節理の向こうには寄生火山であるオルムが見えた。

 このスポットは、激写する若い観光客で溢れていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック