ジュンチャンと世界を巡る 第100回はモロッコ

 モロッコは北アフリカのマグレブに位置し、西は大西洋、北は地中海に面していて、ジブラルタル海峡を渡ればスペインというロケーションもあり、映画「モロッコ」や「カサブランカ」の舞台で知られるヨーロッパとアラビアンな雰囲気の漂うエキゾチックな国です。
画像1.jpg

 訪れる街ごとに魅せる異国情緒漂う色彩は、まさに「フォトジェニックな風景」で、インスタ映えのする国でもあります。

 国境を接する国は東にアルジェリア、南に西サハラ(紛争地域)、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)で、首都はラバトです。
画像2.jpg

 この国の歴史ですが、先史時代にベルベル人が現在のモロッコに現れ、古代には沿岸部にカルタゴのフェニキア人によって、港湾都市が築かれました。
 その後ポエニ戦争の結果、カルタゴが滅亡するとローマの属州になったのです。
 8世紀にイスラーム化し、その後イドリース朝が自立し、ムラービト朝とムワッヒド朝が繁栄するのです。
 15世紀からポルトガル、スペインの侵出始まり、サード朝のもとで抵抗を続けますが、18世紀以降イギリス、フランスなどの列強が勢力を及ぼしてきます。
 19世紀後半から、帝国主義列強の侵出が激化し、特にフランスとドイツがモロッコ事件で衝突した後、フランスの保護国となります。
 モロッコは北西部のスペイン領を除き、1912年からフランスが保護国として支配、それに反発する民族抵抗運動も続いたのです。
 1956年、フランス保護領からモロッコ王国として独立しましたが、西サハラとの領土問題、イスラーム過激派の台頭など、不安定要素は現在も続いています。(地球の歩き方)
 地理ですが、モロッコはアフリカ大陸の北西端に位置し、海岸のうち約3/4は北大西洋に面し、残りは地中海に沿っています。
 東西1300 km、南北1000 kmに伸びる国土の形状は、約45度傾いた歪んだ長方形に見えます。
 モロッコには大きな山脈が4つあり、リーフ地方の山脈は他の3つの山脈とは独立し、地中海沿いのセウタやメリリャを北に眺め下ろしていて、最高地点は約2400 mです。
画像3.jpg

 南方の3つの山脈はアトラス山脈に属し、アトラス山脈自体はチュニジア北部からアルジェリア北部を通過し、ほぼモロッコの南西端まで2000 km以上にわたって延びています。
 歴史的に、条件の良い平野部の土地を中心にアラブ人が暮らし、アトラス山脈の住民の大半がベルベル人で、この国の2/3がアラブ人、1/3がベルベル人あるいはその混血がほとんどと言われています。
 モロッコのアラブ人には、イベリア半島でのレコンキスタや17世紀のモリスコ追放によってアンダルシアから移住した者もおり、彼等の中には現在でもスペイン風の姓を持つ者もいます。
 ここから観光に入りますが、ここは見どころいっぱい、できるだけ紹介します。
画像4.jpg

 まずマラケシュ、ここはベルベル語で「神の国」を意味する都市で、11世紀に本格的な整備が行われ、商業や経済、学問の中心として発展しました。
 旧市街には現在も歴史的建造物が多く残り、1985年にはユネスコの世界遺産に登録されていて、迷路のような巨大マーケットや、屋台でにぎわうジャマ・エル・フナ広場、旧市街を代表する建物はクトゥビア・モスク、王宮の門など、夜でも楽しめるスポットも豊富に揃っています。
 雄大な大アトラス山脈をバックに、ブーゲンビリア、ミモザ、ジャスミンなどの花々が一年中咲き誇ります。
 次がフェズです。
画像5.jpg

 迷路のように入り組んだ都市が多いモロッコの中でも、フェズの旧市街は特別で、「世界一の迷宮都市」と呼ばれ、この地で迷子になるのが観光客の楽しみにもなっています。
 ユネスコの世界遺産にも登録される街中には、現地の職人や観光案内人、荷物を運ぶロバなどが往来し、異国情緒満載です。
 その次が、メルズーガのサハラ砂漠です。
画像6.jpg

 いくつもの国境を越え、アフリカ大陸北部に広がるサハラ砂漠、メルズーガはそんな世界最大の砂漠に面する小さな街です。
 目立った観光資源を持たないこの街が観光客から人気となっているのは、やはりサハラ砂漠の目の前という立地のためで、サハラ砂漠でのキャンプ体験や、絶景と言われるサハラ砂漠の朝日を望むための拠点として活用されています。
 最後にカサブランカです。
画像7.jpg

 スペイン語で「白い家」を意味するカサブランカは、人口約400万人を抱えるモロッコ最大の都市です。
 政治の中心をラバト、観光の中心をマラケシュとするならば、ここカサブランカは経済の中心と言える場所で、街中にはアフリカ最大級のショッピングモールであるモロッコモールや、ショッピングセンターのアンファ・プレイスなどがあり、「モロッコでショッピングを楽しむならココです。

 見どころいっぱいのモロッコでした。
 次回もマグレブの国々を個別に紹介します。
 引き続き気楽に遊びに来てください。( ^)o(^ )

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック