マチュ・ピチュの高み』第七の歌 おんなじ一つ深淵の死者たち

マチュ・ピチュの高み』第七の歌 


第七の歌 おんなじ一つ深淵の死者たち

 
machu-picchu-file-11012020-super-169



おんなじ一つ深淵の死者たち 深い奈落の亡霊たちよ

こうしてきみたちの偉大さにふさわしいスケールで

すべてを焼きつくすようなほんとの死がやってくると

穴のあいた岩から

深紅の柱頭から

階段状の水道から

きみたちは転げ落ちた 秋のなかへのように

おんなじ一つの死のなかへ

きょう ひとのいないうつろな大気はもう泣かない

それはもうきみたちの粘土の足を知らない

空を濾した水がめを忘れてしまった

雷の匕首が大気をひき裂いたとき

逞ましい木は霧に食われ

突風に吹き折られた

大気が支えていた一つの手は 突然

山の高みから時間の終点へと落ちた

もはや きみたちはいない 蜘蛛の手よ

脆い糸よ もつれた布よ

きみたちであったすべては落ちてしまった

習慣も すり切れた言葉も 光まばゆい假面も

monthwh-main04


しかし 石とおしゃべりがあとに残る

コップのような都市が

生きてる者 死んだ者 黙ってる者 耐える者

すべての者たちの手で建てられた

たくさんの死による ひとつの壁

たくさんの生による 石の花びらたちの衝突

永遠の薔薇 住居

このアンデスの岩礁の凍てついた集落



粘土の色をした手が

みずからもまた粘土となった時

ざらざらした壁に満ち 砦に蔽われた

哀れなまぶたが閉じた時

そして人間がみんな穴のなかにうづくまった時

正確さが高く掲げられて残った

人類のあけぼのの名所

沈黙をたたえたいと高い壷

たくさんの生のあとに残った一つの石の生

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック