"探険家の歴史 (探険家列伝)第2部最終章 ナイル河の旅"の記事一覧

探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その2 カイロにて

  宿泊したホテルからギザの三大ピラミッド遠望  ↑  カイロ(Cairo)は、エジプトの首都であり、ナイル川河畔の交通の要衝の地として、イスラム世界における学術、文化、経済の中心都市となっている。  現在、カイロ首都圏の人口は1500万程、中近東やアフリカ大陸の中で最大の人口を誇っている。  ナイル川が形…
コメント:0

続きを読むread more

探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その1 アレクサンドリア

 カイトベイ要塞全景  ↑</span>  アレクサンドリア(Alexandria)は、カイロに次ぐエジプト第2の都市である。  現地語であるアラビア語ではアル=イスカンダリーヤ(الاسكندرية al-Iskandarīya)、意味は「アレクサンドロス(アラビア語でイスカンダル)の町」である。  …
コメント:0

続きを読むread more

探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 序章

探検家リビングストンが発見したビクトリアの滝 (ジンバブエのザンベジ河畔の町、リビングストンにある) ↑  ナイル河、「5大陸最長河川の旅」最後の河であり、世界最長の川である。  その長さは6695km、アフリカ大陸の東側を、赤道直下から悠々と北上して流れ、地中海に注ぐ。  ナイル河の源流につ…
コメント:0

続きを読むread more