"開高健と生きる"の記事一覧

開高健と生きる その26 臆病はしばしば

臆病はしばしば性急や軽躁と手を携えるものだが、賢明は耐えること―耐え抜くことを知っている。 By 開高健 武将の陥りやすい三大失観。一、分別ある者を悪人と見ること 一、遠慮ある者を臆病と見ること 一、軽躁なる者を勇剛と見ること。 By 武田信玄 冷静で賢明な判断をせよ。必ず大物は釣れる。 By ジュンチャン
コメント:0

続きを読むread more

開高健と生きる その25 釣りをしているときは

釣りをしているときは外からは静かに見えるけど、実は妄想のまっただ中にある。このとき考えていることといえば、原稿料のこと、〆切日のこと、編集者のあの顔この顔、それからもっと淫猥、下劣、非道、残忍。もうホントに地獄の釜みたいに頭の中煮えたぎってる。それが釣れたとなったら一瞬に消えて、清々しい虚無がたちこめる。 By 開高健 原稿…
コメント:0

続きを読むread more

開高健と生きる その24 はなはだ不具な生物

私たちは、はなはだ不具な生物で、魚の棲めないところには人間も棲めないのだという鉄則を忘れて貪りつくし、掃滅し、何十匹釣ったといって去年得意になり、今年はうなだれ、自分の不具さをちっともさとることがなかった。 By 開高健 人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較し…
コメント:0

続きを読むread more