"零下10度の世界への旅(2010年の旅) 中国編"の記事一覧

零下10度への旅 中国編1 さて、中国着陸です!!

 今回の中国の旅は、万里の長城、故宮博物館、天壇公園の3つの世界遺産を見て回り、ついでに、北京オリンピック会場やパンダなども見てこようという贅沢な旅。 この他にもいろんなとこを見てきた。  紀元前と紀元後を合わせ4千年の歴史を誇り、中華の国として栄えた大人の国「中国」をこの厳冬期に訪れようとは考えもつかなかったが、格安ツアーに惹かれて参…
コメント:0

続きを読むread more

中国編26 パンダに会う(最終回)

 中国はかって、パンダ外交を展開し、それまで疎遠だった国々と友好を深めた。  現在、パンダはペアに付き1億円でレンタルされている。(それも1年間で1億円である。)  中国人の子どもでも、パンダを見ることは滅多に出来ないという。  その宝物のような生き物に会ったのは、北京を出発する日の午前8時半頃。  この時間には、餌を食べるため、パンダ…
コメント:0

続きを読むread more

中国編25 天壇に上がり、そこに入る

 天壇は皇帝が天を祀る場所であるが、北京にはこの他、地の神を祀る地壇、太陽神を祀る日壇、月の神を祀る月壇があり、それぞれ今は公園となって大勢の市民の憩いの場となっている。  紫禁城を囲んで、南に天壇、北に地壇、東に日壇、西に月壇の配置である。  明清の皇帝達は、季節毎の祭儀に、それぞれの神に動物の生け贄(イケニエ)などを捧げ、人々を支配…
コメント:0

続きを読むread more