九州散歩Ⅰ その25 大川内山の里を歩く Ⅱ

 大川内山の里は一日がかりで見ても見飽きない場所だが、時間も限られているので、さっと里の中を周ることにした。  この後、赤線のように里の中を歩いて、青山窯、登り窯、焼き物広場を見るに留めた。  まず青山窯であるが、大通りを歩いて行くと青山窯と書かれた大きな煙突が目の前に建っているので、すぐに目に留まる。  青山窯のルーツは…
コメント:0

続きを読むread more

2012年に旅したオホーツク街道の続き その25 啄木歌碑への旅 その9   

 本行寺から米町1丁目まで歩いたが、ここには歌碑⑲がある。  歌碑⑲にはこんな歌が刻まれている。           出しぬけの女の笑ひ       身に沁みき        厨に酒の凍る真夜中  この歌は、歌集一握の砂「忘れがたき人人(一)」の中の釧路を歌った32首の中の、前から7番目に掲載されている。  歌の…
コメント:0

続きを読むread more